スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K10D

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K10D ボディPENTAX デジタル一眼レフカメラ K10D ボディ


防塵・防滴ボディ、CCDシフト方式手ブレ補正機構(SR)「シェイクリダクション」機能、ゴミ除去機能搭載(DR)「ダストリムーバル」機能搭載。
新画像エンジン(PRIME)「プライム」と有効1020万画素CCD搭載により高画質を実現。
大型ガラスペンタプリズム採用、ペンタックス独自の定評のハイパープログラム&マニュアルに加え「感度優先」モード「シャッター速度&絞り優先」モードを新搭載!

★価格破壊中級カメラ!!★
素晴しいコストパフォーマンスです。
この価格でセンサー式手ブレ補正・ダストリダクション・防塵防滴
見やすいファインダーと至れり尽くせり!
流行のライブビューこそ搭載していないが、登場から1年経っても
充分に新鮮です。

通常の一眼レフにあるモード(AV.TV.P等)の他にペンタックス
独自のモードがあり、それがまた痒い所に手が届く機能となっています。
画質も22ビットの他機種を圧倒する階調表現とダイナミックレンジの
広さで、鮮やかな美しい絵が誰にでも残せます。
難しい多重露光やレタッチもボディー内で簡単におこなえます。

K10Dは、まさしく現代の一眼レフでありペンタックス渾身のデキです。
人物写真や花などの撮影において、肌色の再現性や花びらの色彩には感動
すら覚えます。
私はキャノンも使っていますが、高い汎用性からこちらを使用することが
増えてきました。

個性的なレンズと合わせて持ち歩くのが楽しくなるカメラです。
ぜひ、皆さんもこのカメラを持って紅葉を撮りに行ってください!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


いいカメラだと思います
コンパクトカメラから初めて買った一眼レフがこのカメラです。
選んだ理由は発売当初ものすごく売れていたからです。
でも今になってこのカメラのよさを改めて実感しています。

今でこそボディ内手ぶれ補正やゴミ対策の機種がでてきてますが発売当初はここまで揃ってあの値段のカメラは他にはありませんでした。
つまりスペックの割に値段が安いのです。
キャノンの上位機種「EOS5D」からこのカメラに乗り換えたって方もおられるようです。
いずれペンタックスからも上位機種K1Dも登場するでしょう。

あとカメラはどれも一緒と思っておられるコンデジユーザーの方に言いたいです。
やっぱり一眼レフはいいです!
持っていくとき確かに荷物になります。
しかし暗部、明部の解像度やフォーカスの速さ、レンズ交換によってコンデジでは不可能な超広角撮影など、撮影の幅の広がり、コンデジよりはるかに低ノイズ、連射撮影によるベストショットの選出、低速シャッターによる絹のような滝の再現、絞りの調整によるパンフォーカス(全部にピントを合わせられる)やメインの被写体以外を綺麗にボケさせたりと、コンデジにはできない撮影もできます!
風景など、スナップ撮影がメインでない人は一眼レフカメラを持つのもいいと思います。

さらに詳しい情報はコチラ≫

PENTAX K10Dを検索

スポンサーサイト

ペンタックス トラックバック:0 コメント:-

<< ペンタックス K200D | デジタルカメラ製品レビューTOP | RICOH デジタルカメラ Caplio (キャプリオ) R7 800万画素 光学7.1倍ズーム >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。